Mt.Moriyoshi

森吉山

MT.MORIYOSHI森吉山とは

森吉山

森吉山は、秋田県中央東部に位置し、向岳(標高1,454m)を主峰に、一ノ腰、前岳、石森、ヒバクラ岳など、東西3kmのカルデラを形成する独立峰です。
ブナの原生林が広がり、渓谷、渓流、名瀑が多数点在する豊かで変化に富んだ自然が多くの人々を魅了します。
初夏から秋にかけては、約300種類の高山植物が咲き誇る 「花の百名山」として親しまれ、冬には、標高1,100m付近から山頂部に広がるアオモリトドマツの原生林が巨大な樹氷を形成し、山形県の蔵王や青森県の八甲田と共に「日本三大樹氷観賞地」として知られています。

MOUNTAIN TRAIL INFORMATION登山道情報

森吉山周辺の最新道路・歩道情報をお知らせします。

VIEW MORE

MOUNTAIN TRAIL MAP登山道マップ

※PDFが開きます。

森吉山登山マップ

COURSE INTRODUCTIONコース紹介

ブナ帯コース
ブナ、オオシラビソの林を抜け山頂を目指す

標高800mのブナ帯キャンプ場にある登山口から、ブナ、オオシラビソの林を抜けて向岳(森吉山)山頂を目指すコース。阿仁ゴンドラを利用することでより手軽に山頂までたどり着くことができます。石森から20分の所に阿仁避難小屋がありトイレが利用できます。

DATA
ブナ帯登山口(またはゴンドラ山麓駅舎)→ゴンドラ山頂駅舎→石森→山頂・向岳
【参考コースタイム】
片道2時間45分(ゴンドラ山頂駅舎から1時間45分)歩行距離 4.5km
【標高差】
654m(ブナ帯登山口800m~山頂・向岳1454m)
ブナ帯コース
森吉山は独立峰なので山頂からは鳥海山、岩手山、白神山地、田沢湖などを望む360度の大パノラマが眺められます
ブナ帯コース
阿仁ゴンドラで襟高1167mまで一気に上がるので、体力に自信のない人でも山頂まで登ることができます
こめつがコース
比較的緩やかな初級者向きの北側コース

森吉山の登山ルートで北側から入るコースのひとつ。こめつが山荘からカラマツ林、元森吉スキー場のゲレンデを横断し、ブナ林を抜けると一ノ腰に到着。そこから30分、森吉神社・森吉避難小屋にある冠岳は人気の撮影スポットです。石森に着けば山頂まであと少しです。

DATA
こめつが山荘→一ノ腰→森吉神社・森吉避難小屋→石森→山頂・向岳
【参考コースタイム】
片道3時間15分 歩行距離 5.6km
【標高差】
654m(こめつが山荘800m~山頂・向岳1454m)
こめつがコース
冠岩は森吉神社の御神体で、 鬼が積んだという伝説も残されています。隙間で胎内潜りができます
こめつがコース
こめつがコースの途中にある森吉神社と森吉避難小屋。避難小屋は40名収容でバイオトイレを備えます
ヒバクラコース
眺望がよくお花畑も楽しめる満足度の高いコース

森吉山の東斜面をヒバクラ岳を経由して登る人気ルート。立川見晴からは立川渓流、ヒバクラ岳山頂からは八幡平や岩手山の景色が素晴らしく、さらに途中には、ヒバクラ湿原、山人平のお花畑もあり見所が豊富。充実した登山が満喫できるコースです。

DATA
ヒバクラ登山口→立川見晴→ヒバクラ分岐→山人平→山頂・向岳
【参考コースタイム】
片道3時間30分 歩行距離 4.5km
【標高差】
634m(ヒバクラ登山口820m~山頂・向岳1454m)
ヒバクラコース
森吉山の代表的なお花畑が山人平。初夏から秋にかけて約300種類の高山植物が咲き誇ります
ヒバクラコース
ヒバクラ分岐の周囲に広がるのがヒバクラ湿原。ヒナザクラ、イワイチョウ、ニッコウキスゲなどが見られます
三階滝コース
遊覧船に乗って原生峡の名瀑めぐり

太平湖遊覧船に乗船し、1.8kmの登山道を通り三階滝を目指すコースです。道中は個性あふれる滝が連続し三階滝に到着します。

DATA
太平湖グリーンハウス→北清水桟橋→(遊覧船)→小又峡桟橋→小又峡→三階滝
【参考コースタイム】
片道1時間15分 ※遊覧船乗船を含む
【歩行距離】
2.1km
三階滝コース
秋田県指定名勝天然記念物“小又峡”の中でも有名な三階滝
三階滝コース
1.8kmの登山道沿いには、さまざまな滝を見ることができます。
※写真は三角滝
桃洞滝コース
森林浴と変わり滝を楽しむ

森吉山野生鳥獣センターから4.2kmの登山道を通り、桃洞滝を目指すコースです。ノロ川ブナ原生林では森林浴や自然観察などが楽しめます。

DATA
野生鳥獣センター→桃洞・赤水分岐点→桃洞渓谷→桃洞滝
【参考コースタイム】
片道1時間15分
【歩行距離】
4.2km
桃洞滝コース
桃洞滝は、その形から女滝とも呼ばれ、安産子宝、縁結びの滝として親しまれています
桃洞滝コース
桃洞滝までは桃洞渓谷のブナ原生林の中にある登山道でアクセス
安の滝コース
マタギの里 阿仁を代表する2段滝

安の滝登山口から、中ノ又渓谷を通り安の滝に到着します。安の滝は高さがおよそ90mあり、日本の滝100選で第2位に選ばれたこともあります。

DATA
安の滝登山口→中ノ又渓谷→安の滝
【参考コースタイム】
片道50分
【歩行距離】
2km
安の滝コース
中の又渓谷を歩いて行くと、目の前に圧倒的な迫力で安の滝が現われます
安の滝コース
白いすだれ状の滝が新緑や紅葉に映え、晴れた日の午後には虹がかかることがあります

MOUNTAIN GUIDE山の案内人

森吉山周辺を熟知したガイドに案内をお願いすることができます。
ルートや料金等、詳細については各団体にお問い合わせください。

※1週間前までに、各団体にお申し込みください。

ふるさとあに観光案内人の会

TEL:0186-67-7030

冒険の鍵クーン

TEL:0186-72-3168

森吉山ガイドクラブ

moriyoshisan.gc@gmail.com

森吉山ネイチャー協会

TEL:0186-73-2510

SAFETY安全のために

台風、豪雨、積雪等による悪天候時及び悪天候が見込まれる場合には、滑落、落石、倒木、落枝、雪崩等の危険が増大しますので、入林しないようお願いいたします。
また、好天時であっても、天気の急変により事故が発生するおそれがありますので、天候を常時ご確認くださいますようお願いいたします。
関連する管内の管区気象台及び安全情報は、下記のサイトよりご確認ください。

VIEW MORE

FOUR SEASONS四季の楽しみ

森吉山ゴンドラ山歩(春夏)

期間:6月上旬~9月中旬
どなたでも気軽に360度の壮大なパノラマを楽しむことができます。
夏には可憐な高山植物が堪能できます。
また、森吉山登山や奥阿仁、奥森吉、妖精の森への縦走コースの連絡手段としてもご利用いただけます。

森吉山ゴンドラ山歩(春夏)
森吉山ゴンドラ山歩(秋)

期間:10月
どなたでも気軽に360度の壮大なパノラマを楽しむことができます。
秋には美しい紅葉が堪能できます。
また、森吉山登山や奥阿仁、奥森吉、妖精の森への縦走コースの連絡手段としてもご利用いただけます。

森吉山ゴンドラ山歩(秋)
樹氷観賞

期間:1月上旬~3月上旬
山形県の蔵王や青森県の八甲田と並び、日本三大樹氷の一つに数えられる「森吉山の樹氷」。
ゴンドラ山頂駅舎から徒歩5分で、その姿を望むことができます。
期間中、ゴンドラ山頂駅舎では長靴・スノーシュー・和かんじき・ストックなどを貸出すほか、樹氷案内人が常駐し、樹氷ができる仕組みを解説する樹氷教室を開催します。
「スノーモンスター」とも呼ばれる、迫力ある樹氷をお楽しみください。

樹氷観賞
夜の樹氷観賞会

普段はなかなか見ることができない、夜の森吉山へキャビン付圧雪車で行く「夜の樹氷観賞会」を開催。
闇夜に浮かびあがる樹氷は、まさにスノーモンスター!天気が良ければ満天の星空や夜景も楽しめます。

夜の樹氷観賞会